FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちのお店に来ていただけるお客様でこの一年で妊娠・出産を経験する方が増えていて 産後の抜け毛の話を

する機会が増えています。


女性の方は特に 出産後、突然抜け毛が多くなったという話はよく耳にするのではないでしょうか。


これは産後脱毛症(別名:分娩後脱毛症)と呼ばれるもので、産後間もなく、髪がごっそり抜けるといった症状が特徴です。

産後の抜け毛はなぜ起こるのか、その仕組みを書いていきたいと思います。



出産後、大体2~3ヶ月あたりから始まることの多い産後脱毛症ですが、これは厳密に言うと「抜け毛が増えた」わけではありません。

妊娠中はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが通常より多く分泌される傾向にあります。


このエストロゲンには毛髪の寿命を延ばす作用があるため、通常なら既に抜けているはずの髪が、エストロゲンの働きによって、そのまま成長を続けます。


そして、出産を終えると、増加していたエストロゲンの分泌量が妊娠前の状態に戻ってしまうため、エストロゲンの作用で生き長らえていた毛髪が突然抜け落ちるという現象が起きるのです。


つまり、本来すでに抜け落ちているはずの髪が、後でまとめてごっそり抜けたということです。


エストロゲンの作用による一時的な脱毛は、通常、産後半年ほどで自然に治るため、特別な治療の必要はありません。

産後の抜け毛、他の原因は?産後脱毛は、出産した女性のうち2人に1人という高い確率で、多かれ少なかれ経験するという報告があります。

その大半は自然治癒しているのですが、1年以上経っても回復が見られない、抜け毛の量が増え続けるといったトラブルが発生する場合は、他の原因が考えられます。

まず1つ目は、高齢出産の場合。


高齢で出産した場合、産後脱毛の回復が遅く、なかなか抜け毛が減らないという症状が多く見られます。

また、ホルモンバランスの変化が落ち着いても、薄毛のまま元に戻らないといったケースも稀に存在します。


時間をかければ元に戻る可能性もありますが、あまりに長い間回復傾向が見られない場合は、自然に任せず、育毛剤を使用するなどの措置を取ったほうが良いでしょう。


次に考えられるのは、疲れやストレスを原因とする脱毛が起こっている場合です。


出産後は、乳児の世話に追われて疲労したり、情緒不安定になったりしがちなため、産後脱毛症だと思っていたものが、実はストレスによる抜け毛だったということも十分あり得ます。


また、乳児の世話は24時間フル活動なため、睡眠不足に陥りやすいのも抜け毛を促進する要因となります。


いつまでも抜け毛が減らない、おかしいと感じたら、身体を休ませたり、ストレスを解消したりするなど、自分の身体をいたわるよう努めることも大切です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。